まず仕事内容を知る

システムエンジニアとしてのキャリアを持たない人物にとって、就職活動では志望動機で積極的にアピールする事が重要である。たとえ未経験であっても、意欲のある動機を持った人物は採用の可能性が上がる。しかしいざ志望の動機を考え出そうとしても、イメージが曖昧で発想が出てこない場合が多い。その原因は、システム開発の仕事がどのようなものなのか、実際にはよく理解していないためである。仕事の内容が分かっていないと、志望動機も具体性に欠ける。

そこで志望動機を考える前に、まずシステム開発の仕事がどのようなものなのかを知る必要がある。仕事の内容が分かるにつれ、どのようなやりがいがあるのかも見える。システム開発は、クライアントが必要とするコンピューターシステムを構築する事にある。開発プロジェクトの中でこのエンジニアは、上流の工程を担当する。クライアントからの要求を分析し、開発に必要な仕様をまとめる。そのうえで、これから開発を始めるコンピューターシステムの設計を行う。そのためシステムエンジニアの仕事には、上流からプロジェクト全体を把握し、開発に携わる事ができるやりがいがある。自身が設計したシステムが、次第に形を成していくのは面白い体験である。

一方で、開発プロジェクトの中でシステムエンジニアが果たす責任は重い。設計に誤りがあれば、システムの不具合や効率の低下を招く恐れもある。仕事の重大さとやりがいを理解した上で志望動機を考えると、説得力が増す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です