仕事で稼ぐか経験をもらうか

転職するなら、収入と経験は避けて通ることのできない問題である。特に未経験の場合、どのくらいの収入が妥当であるのか、いくらくらいまで希望してよいのか、まだ入社が決まっていない会社と駆け引きが始まる時もある。システムエンジニアの給与は、経験より業務内容で決まる側面が強い。いくら多くを望まない未経験者でも、新卒社員程度の年収は確保したいところであるが、場合によるということは覚えておいた方がよい。システム関係の問題を解決してくれる便利屋のような存在になれれば社内で価値を認めてもらいやすく、転職直後から悪くない給与を見込める。技術と経験よりもセンスと気配りが肝心なので、システムエンジニアとしては未経験でも問題ない。やがては総務など間接部門の管理職になれば、社内を見通す立場として相応の高給取りになれる。

一方、開発チームに配属されるなど生粋の技術職で入社するのであれば、前職と比較して収入ダウンは仕方ない。求められている技術を持っていないのだから、妥当な待遇とあきらめるべきだ。ただ、働きながら学べると考えるのであれば、給与を貰いつつ勉強できるとは恵まれた待遇である。薄給には経験が上乗せされていると考えて、技術を高めよう。高めた技術は金になる。スペシャリストになれば厚遇される。その時になってまだ収入に不満があれば、また転職を考えてみるのもよい。以前と違い、今度は経験を持っているのだから入社後の開始地点が違ってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です